グリーンターラ(緑多羅菩薩)/チャプター4

チベット仏教の仏(如来)・菩薩・守護尊・女神・護法神の中の「菩薩~女神」に属します。


グリーンターラ

ターラは「輪廻の海を渡ることを助ける女性」を意味します。

グリーンターラは中国では「緑多羅菩薩」と表記され、右脚は蓮台の上に降ろした遊戯座、左足は蓮華座で描かれます。結跏趺坐のホワイトターラに比べ動きのあるグリーンターラの姿は、今まさに動きだし救済に駆け付けるかのように見えます。「慢心」「無知」「憎悪」「嫉妬」「邪見」「貧しさ」「渇愛」「疑惑」八難からの救済者です。

観音菩薩が衆生のために流した涙から生まれたとされ、右目からホワイトターラ、左目からグリーンターラが誕生しました。

ホワイトターラ、グリーンターラはチベット・ネパール・インドチベット文化圏ではとてもメジャーな女神ですが、前期密教の日本仏教には登場しません。

後期密教(チベット仏教)はヒンドゥーの女神崇拝の影響を受け、女神たちが重要な役割を得ます(タントリズム・ヤブユムなど)。


点描仏画ではチャプター4に登場します。点描で再現するには布を細かく描きすぎてしまったので上級向けかも?


カリキュラムや料金などは下記でご確認くださいませ。