点描仏画モニター・その1

本日、カラーの生徒さんでもある、及川さん@動物自然療法会長がモニターでお越しくださいました^^

1)そもそもが仏画師をめざし師事していた。

2)点描曼荼羅に惹かれ、ちょっと習ってみた。

そんなわたしが、

「やっぱり幾何学は苦手ー仏像描いちゃえ!」

と始めたのが「点描仏画」です。


|点描仏画を描いていただくにあたって

「描いてみたい!」とのお声を頂いても、

・仏画が描けない方々にどのように下絵を作って頂くか?

この頃は、黒紙にわたしが直接仏画を描いてます。


そもそも「仏の造形」を知らない方が、点描で再現できるのか?

とか。

長年仏画体験WSを開催し、そこで頂くご質問の数々を知ってるからこそ、初心者が、

点描で・小さなサイズの・仏を描く

ことのハードルの高さが気になってました。

なので緻密?に段取りを致しまして…


|こんな点描体験をしていただきました

まずは蓮花で「転写」「点描」「ペンの太さ」などに馴れて頂きます。

…つか資料まで作ってしまったよ^^;


大体馴れたらいよいよ造形…ですが、いきなり尊像は難しいので、

「何か描きたいモノでもあります?」

実は及川さん、ワンピースファンでして(笑)チョッパーとか言ってくれるかと思ったら…

「剣持った天使!」


えええ~仏画っつってんのに、なんで天使!?

こういう簡単なキャラをイメージしていたんですけど(わたしが転写確認のために書いた、似非くまモン)^^;

ま、まぁいいかとミカエル画像を探しプリントアウト。もちろんそのままでは再現できません。

蓮→ミカエルと連続して描いて、

「あ~言われてもわかんなかったけど、自分で描いたらカーボン紙がわかってきた」

と及川さん。

そうなんですよね~こういう「画材の質」って実践あるのみです。。


|出来上がった点描画は?


こんな感じです!

■下の蓮は習作ですが、綺麗だったので☆

ここまでで約5時間かかりました。

さて、腕馴らしは出来たので次回は「点描仏画」にチャレンジしていただきます^^