点描仏画「基礎&ホワイトターラ」開催しました

本日、点描仏画チャプター1・2「基礎編」「ホワイトターラ編」を開催させていただきました!

当校は何をやっててもお菓子がテーブルの上にありますね^^;

メンバーはモニターでもご協力いただいた及川さん@動物自然療法協会会長と及川さん門下生のKさん、色彩心理診断士の渡部さん。

(Kさん渡部さんは、完成仏画を送って頂いた後GALLERYでリンクしますね^^)


薄々気づいていたものの。わたしは、

・下絵

とか、

・トレース、転写など如何に効率よく描いて頂くか?

には熱心ですが、点描の描き方は、

「あーここ?えーととりあえずこんな感じであと好きにやって。うん適当に!」

って感じなので(ホントにそうやって描いているもので^^;)、皆さまの絵を見て驚くことが山盛りでした(笑)


Kさんは普段もペットの絵などを描いて販売したりしている方なのですが、練習に選んだのはご自身の描いた絵!それを点描にすると…

(このにゃんこの顔が幸せ度マックスで可愛いです)

「えっ!!!!なにこれ、なんで点描が揃ってるの!!??」

驚きですよ。この緻密に揃った点描!


ちなみにわたしが本日描いたホワイトターラ。なんの秩序もありゃしない。

「あっ、わたしって雑なんだな…」と気づいた瞬間でした(笑)

基礎編では仏画の前にトレースや転写、画材に慣れて頂くための行程があるのですが、皆さま、

「あの、ごめんなさいコレ本番じゃないんで(汗」

とストップするほどに美しく点描を描いておりまして、アレ?もしかしてコレ楽しいの?(企画しといて何。)


で、ようやくホワイトターラです。

「全員が同じ下絵で描いたら、きっと個性が際立って面白いに違いない」

と思いたち、わたしも一緒に描いたのですが、なぜかわたし1人だけ、

ドッドッドッドッ…

「…あれ?みんな気合が足りなくない?音がしないよ!!」

なんて「昭和の体育?」と突っ込まれている間に…

仏画初体験だったWさんが非常に流美な仏画を描いておりました。

・点って綺麗に並べて描いてもいいんだ。(Kさんから得た気づき

・点って繊細で流麗な線にもなるんだ。(渡部さんから得た気づき

そしてモニター時からわたしに、

・点描仏画ってこんなに整った形で描くこともできるんだ(驚愕

と気づかせてくれた及川さんは…

「今度こそ!ゴージャスでキラキラな仏画を描くんだ!!!」

と頑張ってます(笑)

「アレよアレ、とりあえず外に向かって適当にパーッとやれば何とでもなるって~」

と大雑把なアドバイスしか出来ないわたし^^;

6時間で無理やり詰め込んでますので、大体の姿が出来たらコンパスで頭光と背光を描いていただきます。

あとはご自宅で「打つべし!打つべし!」していただければ大丈夫です^^


その頃及川さんは…

左がモニター時のグリーンターラ、右が今回のホワイトターラ☆

どうです!!ちょっと無理してる感のあるゴージャスでキラキラになりました!!

でも良い意味でもう「及川テイスト」がありますね。わたし鑑定士なら、

「あっ、これは及川さん作」

と見抜けるくらい特徴があります^^


で、及川さん以外はまだ途中ながら、4名が4名とも全然違うテイストになったもので、並べてみました☆

(ちなみに最後は全員が「ドッドッドッドッ」とやってましたね 笑)

左下渡部さん。柔らかい綺麗な印象ですね。

右下及川さん。頑張ってます!

右上Kさん。点が揃ってるよ~カテゴリー的には及川さんと同じ「テンペラ画」風かな?

左上わたし。うん、雑だわ雑(笑)


下絵は一律コレ↓なんですけど、こんなに性格?好み?が出るとは思いませんでしたわ~。

わたしも、この時に描いたホワイトターラ↑と今日のホワイトターラは随分印象が違います(雑には変わりないけども)。

仏画もその筆頭ですが、点描仏画も描くごとに「違う印象」を与えてくれます。お持ち帰りセットを用いて何度でも描いてみて下さい^^

参加者の方用ダウンロード「ホワイトターラ」


6時間「点を打ちまくる」という中々ヘビーな「基礎&ホワイトターラ編」ですが、とりあえず皆さまに、

「楽しかった~!」

と言って頂けて良かったです^^


※リュッシャー分析の方はアメブロの方のみで改めて記事にします☆